フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

海外の仕事に就くための就職活動について

読了目安時間は約 5 分です。

就職活動をしている人の中には、日本ではなく海外での就職を目標にしているという方も少なくありません。

社会の情報化が一段と進み、海外で暮らすために日本に居ながら仕事を探すことも容易になり、海外就職のハードルは随分下がりました。

海外に行くことが一昔前に比べてそれほど珍しくなくなり、随分と身近なものになってきたという事も考えられます。

語学留学はもちろん、プログラミングやWebデザインのために海外留学する方も結構おられます。

越境ECなども手軽に取り組めるようになり、海外に販路を広げる企業も多くなり、日本企業でも海外で活動できる人材を求めて人を採用する動きも活発になっています。

グローバルな求人が当たり前になってきていますし、海外で働き口を得たい人をサポートする人材あっせん会社や海外の求人を紹介する求人サイトなど、海外の就職活動を後押しする手段はかなり増えました。

海外就職の情報をまとめたブログや求人サイトなどでは、海外の求人情報はもちろんのこと、ほかにもビザや滞在国の安全情報、家探しの方法、銀行口座の開き方などの情報も取り扱っています。

いまでは日本国内で海外への就職活動が可能なだけでなく、新天地で生活をするために必要な手続きや情報収集ができるようになっています。

また、海外インターンシップとして働いたことがあるかどうかで、就職活動がスムーズにいくかどうか左右されることがあります。

インターンシップというのは職業体験ができる制度のことで、特に海外での就職経験が無い人の場合は、こういった海外インターンシップを活用してみることも検討してみてください。

海外インターンシップを利用することで、現地の言葉を学ぶ機会を得るだけでなく、海外で働くとはどういうことかを知ることができるでしょう。

インターンシップを経験することで、その後の就職活動に役立つ経験や実績・スキルを得ることができて、就職活動がやりやすくなります。

海外での就職活動の場合、国にもよりますが、就職試験や面接が大切な日本とは大分異なる場合が多く、より実務経験や専門知識が求められるのです。

目次

海外の仕事を紹介する会社

海外の仕事を探す時、必ずお世話になるのが海外企業の紹介会社です。

紹介会社の仕事は、人材を探している求人会社と海外での仕事を探している人とをマッチングさせることです。

仲介企業が間に入ることで、企業と求職者が接点を持ちやすくなるわけです。

そして話が進み、求人会社の人事担当者との面接を経てお互いにマッチング成功となれば、求人会社は紹介会社に仲介手数料を払う、という仕組みになります。

海外の人材斡旋会社は、信頼性の高い会社も一定以上存在していますが、残念ながら信頼性に乏しい企業も存在するとも聞きます。しっかり調査し、依頼する会社をよく選んで利用する必要があるでしょう。

悪質な紹介会社の場合は、海外での仕事を探している人に対して英語の能力を聞きます。

英語の能力に自信が無い人の場合は、海外の会社への就職ではく、まず最初に勧められるのは海外留学です。「海外留学で語学を学ぶことが、海外で仕事を見つけるためにはとても有益である」というアピールをしてきます。

もちろん、海外留学をした場合でも紹介会社には手数料が入ってくるようになっているので、留学してから就職といった手続きを勧めるわけです。紹介会社の中には、海外留学と仕事の紹介をセットのように表現することもありますが、一概にそうは言えません。

また、インターン制度を悪用した、給与がほとんどないような斡旋を行っている所もあるようです。

インターン留学は海外での経験やスキルアップにはなりますが、確実に仕事に就けるという保証はありません。

もともと留学やインターンに関心があるのであれば問題ありませんが、仕事を探したいのであれば紹介会社を変更することも必要です。

実績のある人材紹介会社であれば、実際にその会社を利用して海外で就職をした人がいるはずですので、そういう人に詳しく話を聞くのもいいでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる