フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

みんな勘違いしている?!専門家に聞いたコピーライト(Copyright)の正しい表記

読了目安時間は約 6 分です。

Copyright(コピーライト、©)って、どのWebサイトにも表記されていると思います。なんとなくどこかのサイトに準じて表記している方が多いように思いますが、なぜかサイトによって微妙に表記が異なります。一体どれが正しいのでしょうか?そこで、知的財産権の専門家に話を聞いてきました!

※以下の文章は、2020年2月の時点で知的財産管理士の方から聞いた話に、独自に検索した内容を追加して文章に起こしています。法改正や誤解釈によって事実と異なる表現がありましたらコメントにてお知らせください。

目次

Copyrightとは?

Copyright(コピーライト)とは、『著作権』 のことです。『©』と表記されることもありますが、意味は同じです。

なのですが、巷で見かける表記は

  • Copyright © 2020 社名〇〇〇 All rights reserved.
  • © Copyright 2020 社名〇〇〇 All rights reserved.
  • Copyright © 2010-2020 社名〇〇〇 All rights reserved.
  • © 2010 社名〇〇〇
  • (C)  社名〇〇〇 All rights reserved.

等々…

Copyright と©を同時表記したり、順番もまちまちだったり、なぜだか色んなパターンが存在します。

どういうことでしょうか?気になったので知的財産権の専門家に話を聞きました。

そもそも、そんな物はいらない!

もんのすごく簡単なことでした。これが結論です!

根拠は下記の記事をご覧ください。

[kanren postid=”443″]

そもそもWebサイトを公開した時点で、著作権は何も明記しなくても自動的に発生しているのです!わざわざ表記する必要はありません。

いろんな表記法があるのも、「無くてもいいものだから別になんでもいいや」といったところでしょうか?

なぜ表記されている?

よくわからず慣習的に入れているのか、もしくは無用のトラブルを避けるため「万が一のことを考えてとりあえず入れておこう」といったところではないでしょうか。

では全く表記しなくてよい?

表記しなくても法的には問題ないとのことです。

が、「何も書いてないから著作権フリーだよね!」と誤解する方がいないとも限りません。いや、そういう人は多いかも…表記しないと著作権を認めない『方式主義』というのもありますし…

表記してないから法的に不利になることはそうそう無いと思いますが、何も表記しなくても著作権が発生するということが周知されていない現状を考慮すると、明記しておいたほうが無難かもしれません。いちいち訴えるのもかなり面倒ですからね…

それでも表記したい!

では表記するなら、どう書くのが正しいのでしょうか?

ひとつづつ見ていきましょう。

Copyrightと©

『©』は『Copyright』の意味です。被っています。なのでどちらか削除が正しいです。

残すのは『©』です。世界で通用します。

以前のアメリカでは『Copyright』を使っていたそうなので、その名残でしょうか…

ちなみに『(C)』は『©』の代替記号です。『©』が使えないときのものですので、『©』が使えるなら『©』を使用しましょう。

年号

『2010-2020』となっている場合、前の数字は発行年(著作権が発生した年)、後の数字は更新年です。

重要なのは発行年なので前の数字で、削除するなら後の数字です。

が、後の数字が無いと「2010年から更新してないのかよ」と思う方もおられると思うので(以前の私がそうでした…)、どちらの数字も残しておいたほうが良いかもしれません。

All rights reserved.

意味ありげな文言ですが、以外にもこれがもっとも蛇足的で不要です。意味は『著作権保護されています』ということなので、やはり『©』と被ります。

なんでこんなものが表記されているのかと言うと、近年までのアメリカは『方式主義』という「明記しないと著作権を認めませんよ」というルールでしたので、この文言をつけていたようです。その名残なんでしょうね。

結論

というわけで、表記するならば

© 2010-2020 社名〇〇〇

が正しい表記と言えるでしょう。かなりスッキリしました!

表記の順番は?

『©』『2010-2020』『社名〇〇〇』の順番はなんでもOKです。

まあ、見やすいのは上記の順番かなと思います。

有名なサイトでさえ…

気になって色んなサイトを見ていきましたが、余計な表記をしているところが殆どと言っても過言ではないかもしれません。あのAppleでさえ『Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved.』です。方式主義時代にできた会社だからでしょうか?

だからまあ、あまり深く考えなくて良いんでしょうね、きっと。

【補足】余計なものが入っていてもOKだよ!

いろいろ述べましたが、上記のAppleのように全部表記しても全然問題ないです!なにせ無くても良いくらいのものですから…

ただ、キチッと記述していると「こいつ分かってるな」と思われる…かもしれません。というレベルのものです。あまりとらわれすぎないように。

まとめ

  • そもそもCopyright(コピーライト)は要らない
  • 表記するなら『© 2010-2020 社名〇〇〇』
  • 順番は関係なし、蛇足で付け足しても別に構わない(というかどうでもよい)

なお、私は知財専門家ではないので責任は負いかねます。トラブルの際は専門家にご相談ください。知的財産権については各地に相談窓口があります。無料相談をしているところもありますので、一度ご確認ください。

以上です。ではまた!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる