フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

Google推奨!reCAPTCHAを消す方法

読了目安時間は約 5 分です。

WordPressのスパム対策として、Googleの「reCAPTCHA V3」はとても便利です。

ただ、お問い合わせ画面の右下にreCAPTCHAのロゴが表示されて少々邪魔に感じます。

とくに、WordPressでお問い合わせフォームを設置するためのプラグイン「Contact Form 7」を使うと、全ページにreCAPTCHAが表示されてしまいます。

しかも、勝手に消すことは規約違反になり、reCAPTCHAが機能しなくなります。

でも、実はGoogleの公式ページreCAPTCHAを消す方法が記載されているんです。

今回は、このGoogleが公式に推奨している、初心者でもコピペでOKの簡単な方法をご案内します。

reCAPTCHAの導入方法はコチラ。

プラグインを使う方法もあります!

プラグインでreCAPTCHAの表示場所を変える方法は、下記の記事をご参照ください。

目次

Google推奨のreCAPTCHAを消す方法 手順

まずはGoogle公式ページに移動しましょう。

この部分に、

reCAPTCHAのバッジを非表示にしたいのですがどうしたらいいですか?』
『ここに書いている通りにすれば、バッジを非表示にしても構いませんよ。以下のテキストを記載してください。』 

と書かれています。

ですので、ここに書かれている通りにすればOKです!

順番に見ていきましょう。

reCAPTCHAで保護されていることを明記する

まずは下記のコードを、お問合せフォームの送信ボタンの下にペーストしましょう。

『このサイトは、reCAPTCHAGoogleによって保護されています。』ということを明記します。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    <a href="https://policies.google.com/privacy">Privacy Policy</a> and
    <a href="https://policies.google.com/terms">Terms of Service</a> apply.

CSSでreCAPTCHAを非表示にする

次に、

『バッジを非表示にする場合は、次のようにしてください。』

とありますので

[管理画面]>[カスタマイズ]>[追加CSS]に、下記のコードをペーストしましょう。

.grecaptcha-badge { visibility: hidden; }

以上で完了です。

ちゃんと消えているか、確認してみましょう。

reCAPTCHAについては、下記の記事もご参照ください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる