フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

Contact Form 7 でメール送信できない場合の対策方法

読了目安時間は約 4 分です。

WordPressの問い合わせフォームの定番プラグインといえば【Contact Form 7】で、私も使用しています。これがある時点から機能しなくなったので、悪戦苦闘しながら対策したときのお話を備忘録的にまとめてみました。

お問い合わせが送信できない

ある時、問い合わせフォームで送信を押すとくるくる矢印が回り続けて送信できているかどうか判らないとの指摘を受けたので調べてみましたが、確かに送信できない状態になっていました。

あれこれ調べてみましたが、結局判明したのはどうもRest API】が原因だろうということでした。WordPresssのバージョンが4.7にアップデートされた時にかなり大きなバグが発見されたため、脆弱性対策としてホスティング業者がデフォルトで【Rest API】を無効にしたのだろうとのことです。【Rest API】が無効な状態では、エラーが発生して【Contact Form 7】が正常に動かず、くるくる矢印が延々と回り続けるようです。

【Rest API】とは…エンジニアではないのでうまく説明できません。Webアプリケーションの設計規約のようです(汗)。

ということで【Rest API】を有効化すると解決できるのでしょうが、本職ではない私にはどうにも難解で手間が掛かりそう…なのでプラグイン導入というもっと簡単な方法で対応することにしました。

【Contact Form 7 Controls(現:Controls for Contact Form 7)】を導入する

WordPress 管理画面の[プラグイン] > [新規追加]から【Contact Form 7 Controls(現:Controls for Contact Form 7)】検索してインストール、有効化します。

そのあと管理画面の[お問い合わせ]から、送信できない対象のお問い合わせフォームを選び設定画面を表示すると、[Customize]というタブが追加されていますので、これをクリック。

上から2番目の[AJAX Submissions] >  [Disable AJAX for this form]のチェックボックスをクリックし、チェックを入れて保存します。これで作業完了です。

ちなみに上から6番目の[Redirect to URL on Success]で、送信完了時にリダイレクトさせたいページのURLが指定可能です。もし「送信されました!」的なメッセージを表示するページにジャンプさせたいなら、そのページのURLをここへ入力して保存してみてくだあい。

テストをしてみましたが、正常通り送信完了のメッセージが表示され、た。

解決しました。めでたし、めでたし。

まとめ

Contact Form 7 でメール送信できない場合の対策は、プラグイン【Contact Form 7 Controls(現:Controls for Contact Form 7)】を導入するのが手っ取り早い。

以上です。では、また。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる