フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

ユーザーをインポート&エクスポート「Import Export WordPress Users」

読了目安時間は約 5 分です。

WordPress でECサイトや会員サイトを運用していると「ユーザーデータを別のサイトに移したい」「ユーザー一覧をCSVで書き出したい」という状況がよく発生します。

そんなときに便利な、ユーザーデータをCSVで簡単にインポート&エクスポートできるプラグイン「Import Export WordPress Users」をご紹介します。

目次

「Import Export WordPress Users」の特徴

  • WooCommerceにも対応しているので顧客データを簡単に書き出せる
  • 条件を保存してテンプレートとして再利用可能
  • エクスポートするユーザーを、ユーザー権限で絞り込みできる
  • エクスポートする項目を選択できる
  • 履歴が保存され、再実行もできる
  • ウィザードに沿って進めば簡単にできる

個人的には、WooCommerceの顧客リストを書き出せるのがポイントです!

「Import Export WordPress Users」の使い方

まずは「Import Export WordPress Users」をインストールして有効化します。

するとWordPress管理画面の左側に「WebToffee Import Export(Basic)」という項目が追加されていますので、そこから[インポート][エクスポート]を選択します。

基本的にはウィザードに沿って進めば簡単にできますよ。

「Import Export WordPress Users」のエクスポート

STEP
What do you want to export

エクスポートするデータのタイプを選択します。

STEP
Import method

エクスポートの方法を選択します。

  • Quick export:それぞれのユーザーデータの基本/標準フィールドのみがエクスポートされます。
  • Pre-saved template:テンプレート設定を使用します。 テンプレートファイルを編集して、エクスポートしたりすることもできます。
  • Advanced Import:フィルタリング/列の選択/詳細オプションが設定でき、テンプレートとして保存もできます。
STEP
Filter data

ユーザーデータを絞り込むときに使用します。すべて書き出す場合はそのままでOKです。 [ユーザー権限グループ]で権限による絞り込みが可能です。

STEP
Map and reorder export columns

エクスポートするフィールドを選択します。

STEP
Export in batches of

一度に処理する数を指定できます。失敗した場合は数を減らしてみましょう。

STEP
Save template

設定した条件をテンプレートとして保存します。

STEP
エクスポート

[エクスポート]でCSVを書き出せます!

「Import Export WordPress Users」のインポート

STEP
What do you want to import

インポートするデータのタイプを選択します。

STEP
Import method

インポートの方法を選択します。

  • Quick import:同じプラグインを使ってエクスポートされたファイルをインポートする場合に使用します。
  • Pre-saved template:テンプレート設定を使用します。
  • Advanced Import:フィルタリング/列の選択/詳細オプションが設定でき、テンプレートとして保存もできます。
STEP
Choose file for Import

インポートするCSVファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードします。

STEP
Delimiter

インポートファイルで使用されている、区切り記号を選択します。

STEP
Map and reorder import columns

インポートするフィールドを選択します。

STEP
If the user exists in the store

ユーザーのデータがすでに存在する場合、スキップするか上書きするかを選びます。

STEP
Retain user passwords
STEP
Import in batches of

一度に処理する数を指定できます。失敗した場合は数を減らしてみましょう。

STEP
Save template

設定した条件をテンプレートとして保存します。

STEP
インポート

[インポート]で完了です!

まとめ

[一般設定]は特に変更する必要はないです。同じプラグインを使ってQuick export & Quick import ならあっという間です。Woocommerceで大量の顧客データをインポートしたりエクスポートする場合にとても便利ですので、ぜひ使ってみてください!

ではまた。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる