フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

『All-in-One WP Migration』で一瞬!WordPressのお引越しプラグイン

2020 5/31
『All-in-One WP Migration』で一瞬!WordPressのお引越しプラグイン

読了目安時間は約 5 分です。

Webサイト運営を続けていると、いつかは必要に迫られる「サイトのお引っ越し」。サーバを変えたいという場合もあれば「ドメイン変えたいな」という場合もあります。

でも、いざお引っ越ししようとすると、これがなかなかハードルが高いのです。

中級者以上でないと、戸惑うことがとにかく多いんです。「wp-config.php」というファイルを書き換えたり、データベースをエクスポートしたり…サーバの知識があってFTPでファイルをやり取りも出来るような、エンジニアの方なら難しくないのかもしれません。でも、知識も経験も不足がちな初心者にはちょっと難易度が高いんです。

しかし!そんな小難しい作業は一切必要とせず、プラグインをインストールするだけで短時間かつ簡単に完了させる方法がありました!

お引越し方法としては最も早いのではないでしょうか?10分もあればお引っ越しできます。

そんな感じで、初心者に限らずWebサイト管理者みんなに優しい、夢のようなWordPressプラグイン『All-in-One WP Migration』についてご紹介いたします!

目次

『All-in-One WP Migration』で出来ること

簡単に説明しますと、WordPressを構成するテーマ・プラグイン・記事・データベース・設定など、ほとんどすべてのデータをたったボタン1つで丸ごとエクスポートできるシロモノです。もちろん、インポートするのも一発で完了です。難しい知識はホントに必要ありません。

基本的には無料で利用できます。個人サイトであれば特に問題ないと思いますが、無料版では扱える容量が「512MB」までとなっています。大型サイトだと有料版(2020年5月現在:69ドル)にする必要があります。

お引っ越し作業手順

まずはお引っ越し元での作業

  1. WordPressの管理画面から[プラグイン]> [新規追加]に移動し、 『All-in-One WP Migration』を検索してインストールし、有効化する
  2. WordPressの管理画面に『All-in-One WP Migration』という項目ができているので、[All-in-One WP Migration]> [エクスポート]へ移動
  3. [エクスポート先]> [ファイル]を選択して、お引っ越し元のWordPressデータをまるっとエクスポート!

続いてお引っ越し先での作業

  1. サーバ・ドメインの準備
  2. WordPressをインストール(アカウントとパスワードはとりあえず適当で良いです。あとでお引っ越し元のものに書き換えられます)
  3. All-in-One WP Migration』をインストール
    こちらから『All-in-One WP Migration File Extension(Basic)』もダウンロードしてインストール
  4. WordPressの管理画面に『All-in-One WP Migration』という項目ができているので、[All-in-One WP Migration]> [インポート]へ移動
  5. [インポート元]> [ファイル]を選択か、お引っ越し元のWordPressデータドラッグしてインポート!
  6. 「上書きするとデータ消えます!」的な警告が出ます。問題なければそのまま進めてください!

扱える容量が「512MB未満」のときは?

扱える容量が「30MBまで」とかになっていていることもあります。最も簡単な対策は『All-in-One WP Migration File Extension(Basic)』をダウンロードすることです。インストールするだけで512MBになります。

完了!

これで完了です。本当にこれでいいの?と思うくらい簡単です。
簡単すぎて不安になるので、念の為サイトをひと通り確認しましょう。特にメールアドレスなど連絡先は確認しておきましょう。

最後に

WordPress外の設定はさすがに対応していません。GoogleAnalyticsやSearchConsoleなどは手動で変更しておきましょう。

『All-in-One WP Migration』はこんなことにも使える!

先に述べたように、これはバックアップと復元にも利用できます。お引っ越しと同様に手動でやってもいいのですが、有料版にすると定期的にDropboxやGoogle Driveなどへバックアップが可能です。利用できるサイト数に限度はないようなので、複数サイトを管理している方は導入を検討してもよいのではないでしょうか?

ローカル環境からのアップロードにも!

Local by Flywheel』などを使ってローカル環境でサイト構築されている方にもオススメです。ローカル環境からエクスポートし、本番環境にインポートすればあっという間に実装できます。作業時間短縮にとても有効です!

このプラグインは知人から教えてもらったのですが、使用感はバツグンで本当に目からウロコでした。

ぜひお試しください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる