フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

WordPressにログインできない時の解決法【Site Guard編】

404エラー

読了目安時間は約 5 分です。

ブログを書こうとWordPressにログインしようとすると、突然【404 File Not Found】が表示され、ログインすることができない…そんな経験はございませんか?

今回は、WordPressのセキュリティプラグインとして定番の「Site Guard WP Plugin」が原因だった場合の対処法をご案内いたします。

目次

「Site Guard WP Plugin」について

「Site Guard WP Plugin」は、WordPressのセキュリティとしては有名なプラグインで、比較的簡単にWordPressのセキュリティを高めることができます。ただ、設定を間違えるとログインできなくなるという、注意が必要なプラグインでもあります。

その注意が必要な機能の1つに「管理ページアクセス制限」というものがあります。

これは、

管理ページ(/wp-admin/以降)に対する攻撃から防御するための機能です。ログインが行われていない接続元IPアドレスに対して、管理ページのアクセスを、404(Not Found)で返します。ログインすると、接続元IPアドレスが記録され、当該ページのアクセスを許可します。24時間以上ログインが行われない接続元IPアドレスは、順次削除されます。この機能を除外するURL(/wp-admin/以降)を指定することができます。

プラグイン内の記述より

ということで、不正な外部からのアクセスに対して【404 File Not Found】を表示させます。不正アクセスに対してとても強くなるのですが、気をつけないといけないのが『24時間以上ログインが行われない接続元IPアドレスは、順次削除されます』という点。

つまり、自分自身も丸一日ログインしないとログインできないということなのです。

「Site Guard WP Plugin」をインストールしていて突然404エラーでログインできなくなった場合は、まずこのケースを疑ってみましょう。

「Site Guard WP Plugin」が原因でWordPressにログインできない時の解決法

[.htaccess]を書き換える

[.htaccess]という、サイトのアクセス制御を行うファイルを編集することで、管理画面へのアクセスを可能にします。

まず、FTPもしくはエックスサーバーをご利用の場合は「サーバー管理(サーバーパネル)」の[.htaccess編集]で編集します。

[.htaccess]を開いて、

RewriteRule ^wp-admin 404-siteguard [L]

という1文を削除して保存してください。

エックスサーバーの場合は「確認」と「確定」の2回クリックする必要があります。

[.htaccess]は重要なファイルですので、編集の際は最新の注意を払ってください。FTPで編集する場合はファイルのバックアップを必ずとってください。

これで完了です。ログイン画面が表示されているか、確認してみてください。

無事ログインできたら「Site Guard WP Plugin」の「管理ページアクセス制限」の設定をOFFにしておきましょう。

「Site Guard WP Plugin」が原因かどうかわからない場合は?

この場合、一旦プラグインをすべて無効にしてみましょう。

FTPや、エックスサーバーなら「ファイル管理(ファイルマネージャ)」から[plugins]フォルダを探して見ましょう。

public_html  >  wp-content  >  plugins

と進むと見つけられると思います。

そして[plugins]フォルダを、一時的に別のフォルダ名に変更しましょう。

これでログインできれば、プラグインが原因でアクセスできないということです。あとは一つ一つプラグインを有効にして、どのプラグインが原因か特定していきましょう。

まとめ

「Site Guard WP Plugin」が原因でWordPressにログインできない場合は[.htaccess]ファイルから【RewriteRule ^wp-admin 404-siteguard [L]】を削除する。

以上です。ではまた。

404エラー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる