フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

SNSのタイムラインをWebサイトに表示する方法

読了目安時間は約 3 分です。

Twitter・Facebook・Instagramの個別投稿をWebサイトに埋め込むには、各投稿の埋め込みコード取得してサイトにコピペすればOKです。

ではSNSの一般的な表示方法であるタイムライン(最新の投稿から順番に表示、投稿一覧)でWebサイトで表示させるはどうしたらよいのでしょう?これもコードを取得すればOKです。そのコードは…一体どこにあるのでしょう?

目次

Twitterのタイムライン埋め込み

https://publish.twitter.com/ でタイムラインを表示させたいTwitterのURLを入力します。

次の画面で 「Embedded Timeline」を選択します。

※右はツイートボタンです。

その次の画面でコードが出てきますのでこれをWebサイトにコピペすればOKです。

サイズなどを指定するにこのページの右上の「set customization options」をクリックします。

高さ・幅・背景色・言語などが指定できますので、入力できたら「Update」 をクリックします。
先ほどとコードが変わっていますので、再度コピペします。

Facebookのタイムライン埋め込み

https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP で、タイムラインを表示させたいFacebookのURLを入力します。タブには「 timeline 」を入力します。

※タブに「events」と入力するとイベントが表示できます。

サイズを指定するには、この画面で高さ・幅を入力します。入力しなくても大丈夫です。

その他プションは、書いてあるとおりです。

コードが2つ表示されますので、両方ともWebサイトにコピペすればOKです。

Instagramのタイムライン埋め込み

インスタグラムは上記のようなコードが発行されません。

  • Smash Balloon Instagram Feed
  • Combine Social Photos

のようなプラグインを利用しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる