フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

【初心者対象】WordPressの画面が真っ白! 死の真っ白画面の原因と対処法

2020 5/03
【初心者対象】WordPressの画面が真っ白! 死の真っ白画面の原因と対処法

読了目安時間は約 6 分です。

カスタマイズをしていると色々トラブルが発生することもあるWordPress。その中でも怖いのが「急に画面が真っ白になった!」という減少。WordPressあるあるのひとつで、一部では「死の真っ白画面」などと呼ばれています。単純なミスが原因であることが多く、わかっていれば大抵は難なく復旧できるのですが、初心者の時点で遭遇すると「詰んだ」と思ってパニックに陥ります。

そこで初心者の方向けに、死の真っ白画面から復旧するための方法を、過去に起きた事を元に備忘録的にまとめてみたいと思います。

目次

まずは原因特定

ある日「突然、画面が真っ白になった!どうしよう…」という状態に陥りました。サイトが真っ白で何も表示されません。「今まで積み上げたものが消えた…」と思ってしばらく何も考えられなかったのですが、よく見ると管理画面には入れます。『これは何とかなるかも』と少し正気を取り戻したところで「死の真っ白画面」の噂を思い出し、対策すべく原因を探しました。

事故直前の作業を思い出す

あとから調べて分かったことですが、

  • WordPress自体をバージョンアップした
  • WordPressテーマを変更した
  • 何らかのプラグインを追加したり、設定を変更したりした
  • [.htaccess][functions.php][wp-config.php]を変更した
  • サーバを引越しした

というように、WordPressのファイルを変更した場合にエラーが発生しているようです。

直前の作業を振り返ってみると、私の場合は「WordPress自体のバージョンをアップグレードした」が該当しました。

バージョンアップで画面が真っ白になった時の対処法

これも後で知ったことですが、WordPress自体をバージョンアップしたことで起きることはよくあるようです。

WordPressのバージョンアップは毎回便利な機能が追加されセキュリティも強固になるので大事だと思うのですが、そのことでWordPressの新しい機能に対応できないプラグインがエラーを起こす場合があります。

次の順番で、不具合解消を目指します。

  1. WordPressのダウングレード
  2. 不具合を起こすプラグインを削除
  3. バックアップから復元

順に見ていきましょう。

バックアップから復元

サーバのバックアップ機能やプラグインなどでバックアップを取っていれば、WordPressをバージョンアップする前の状態に復元することができます。

以下の記事にある『All-in-One WP Migration』も活用できます!

[kanren postid=”401″]

WordPressをアップデートしなければいけない理由がなければ、これでとりあえずやり過ごすことができます。

バックアップを取っていなければ、次の方法を試してみましょう。

WordPressのダウングレード

とりあえずWordPressのバージョンアップを諦め、WordPressをダウングレードして復旧させます。

WordPressの現状のファイルを削除(一部除く)

まずサーバにある現状のWordPressデータから、FTPで下記のファイルとフォルダを除く全てのファイルを削除しましょう。

  • wp-config.php
  • wp-contentフォルダ
  • .htaccess

必ず、上記以外のファイルを削除しましょう。

これを間違えると、最悪アクセス不可能になり大惨事に繋がる可能性があります(場合によっては復旧可能)。余計な時間を使いたくなければここは慎重に行いましょう。

WordPressの以前のバージョンをダウンロードする

次にWordPressのバージョン一覧https://ja.wordpress.org/download/releases/)から、不具合が起こる前のバージョンをダウンロードします。

旧バージョンのWordPressをアップロード

ダウンロードした旧バージョンWordPressのzipファイルを解凍します。

その中から、さきほど現状のWordPressデータで残したファイル・フォルダと重複するものを削除します。

  • wp-config.php
  • wp-contentフォルダ

これを削除したら残りのファイルをzip圧縮し、FTPでサーバにアップロードします。

WordPressの管理画面にログイン

改めてWordPressの管理画面にログインします。「データベースの更新」と表示されますので、そのまま更新しましょう。

これでダウングレードされたはずですので、真っ白画面が元通り表示されていればOKです。

不具合を起こすプラグインを削除

新しいバージョンのWordPressに対応していないプラグインを特定して削除します。

以下の方法で特定します。

  1. 一旦、FTPでWordPressデータ内の「plugins」フォルダの名前を変えて、プラグインファイルとのリンクを切る
  2. 原因がプラグインであれば、これでWordPressの管理画面にアクセスできるはずです
  3. WordPressの管理画面から、ひとつづつプラグインを有効にして不具合を起こすプラグインを特定する

特定したプラグインが更新されて不具合が解消されるのを待ちましょう。もしくは削除して代替プラグインを探すか、コードを書くなど他の方法を模索しましょう。

それでも原因がわからなかった場合

これで不具合が解消しなかった場合、考えられるのは

  • WordPressテーマを変更した
  • 何らかのプラグインを追加したり、設定を変更したりした
  • [.htaccess][functions.php][wp-config.php]を変更した
  • サーバを引越しした

のいずれか、もしくは複数の原因が考えられます。これらの対応策もまとめていきたいと思います。

今回はこれまで!では、また。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる