フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

WordPresでSVGファイルが使えるようになるプラグイン「SVG Support」

読了目安時間は約 3 分です。

WordPressはデフォルトではSVGをサポートしていません。ロゴやイラストなどはSVGファイルを使いたい…そんなときはプラグインで対応できます。

SVGはJavaScriptを埋め込まれる可能性があるため、WordPressはセキュリティ上の理由で取り扱わないとのことです。SVGの取り扱いを可能にするプラグインはいくつかあるのですが、今回は「SVG Support」をご紹介します。

目次

便利なところ

プラグインをインストールして有効化するだけでOK

使い方

基本的にはインストールし、有効化するだけです。

そのままで全く問題ないのですが、管理画面の左サイドバーから 設定 > SVG Support で設定を変えることも可能です。

書いていることがよくわからない場合はノーチェックでOKです。

気になる方は「Restrict to Administrators?」だけチェックを入れておいてもよいかと思います。

設定

Setting

  • Restrict to Administrators?:管理者のみ取り扱えるようにするかどうか
  • Load frontend CSS?:プラグインのCSSを読み込むかどうか
  • Enable Advanced Mode?:さらに詳細設定するかどうか

Advanced

  • Output JS in Footer?:JavaScriptをフッターで出力するかどうか
  • Use Expanded JS?:拡張JSを使用するかどうか
  • CSS Class to target:クラス名を変更
  • Automatically insert class?:クラス自動追加するかどうか
  • Force Inline SVG?:インラインSVG化するかどうか

注意点

SVGが表示されない!というときはサイズを設定してみてください。width:○○px;など。

類似のプラグイン

「Safe SVG」「WP SVG images」などがあります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる