フリーランス・個人事業主として独立を目指すデザイナー、副業を始めたいデザイナーを応援します! 自立支援に役立つ初心者向けWordPress情報も随時アップします!

WordPressでホームページを作るのに必要なもの【初心者向け】

2020 6/02
WordPressでホームページを作るのに必要なもの【初心者向け】

読了目安時間は約 12 分です。

WordPressが個人ホームページを作るのに向いている、ということを説明してきました。デザイナーに限らず、ノンデザイナーの方でも個人ホームページは持っておいたほうがいいですよ!自己ブランディングのために!

でも、「実際にWordPressでホームページを作るためには、何を用意したらいいんだろう?」「WordPressをどこにインストールしたらいいいんだろう?」「テーマは何がいいの?」まだまだ疑問はつきません…。

という方のために、WordPressでホームページを作るのに必要なものを列挙していきます!

『ホームページ運営なんて、初心者でもできるの?』 大丈夫です!

WordPressの良いところは「誰でもカンタンにホームページが作れること」です。最低限なにを準備すればよいか、ひと目で分かりますよ!

目次

WordPressってなに?

WordPressってなに?何ができるの?」という方は、まず下記の記事からご覧ください!

ホームページはWordPressで作ろう!

「なんでWordPressがいいの?アメブロやWIXとかじゃダメなの?」という方は、下記の記事をご覧ください!

WordPressでのホームページ作成に必要なもの

サーバー

WordPressでホームページを作るためにまず必要なもの、それはサーバーです。

ホームページは、サーバーにデータをアップして作ります。WordPressをインストールする場所も必要です。

簡単に言うと、サーバーに画像や文章データをアップして、それらを表示させることでホームページとなります。WordPressは『画像や文章を管理し、表示させるためのソフトウェア』と思ってください。

サーバーは、ホームページに必要なデータを保管するための“場所”なんです。

サーバーにも色んな種類があるのですが、一般的な方法はレンタルサーバーを契約することです。自宅にサーバーを置く方法もありますが、初心者にはハードルが高いので説明は省きます(興味があればググってみてください)。

個人ホームページなら、レンタルサーバー一択です。カンタンにWordPressをインストールする機能もありますし、手っ取り早くて安心ですよ。

色々なレンタルサーバーがあります。高いサーバーでなくても十分です。基本的には、有名どころの月額500円~2,000円ぐらいのスタンダードプランを選べばOKです。たとえば「さくらサーバー(スタンダード)」「エックスサーバー(X10)」「ロリポップ!(スタンダードプラン)」「ConoHa WING(ベーシックプラン)」などです。

Tobiがオススメするのは「さくらサーバー(スタンダード)」です。非常に安定性が高くサポートもしっかりしているので、安心して利用することができまます。価格もお手頃。高速なサーバーが良ければ「エックスサーバー(X10)」です。どちらも、商用でも多くのサイトに使われています。

下記で説明するドメインは、サーバーとセットで準備できるので便利です。

常時SSL化(https化)

常時SSL化というのは、カンタンに説明するとホームページの通信を暗号化してセキュリティを向上させるものです。設定すると従来の「https://」が「https://〜」というように「s」が付きます。これがないと「保護されていない通信」と表示されて、ホームページの信頼が損なわれます。

今後は常時SSL化が標準となるでしょう。あとから設定するのは大変なので、サーバーをレンタルした時に設定しておきましょう!無料でできますよ。

ドメイン

次はドメインを取得します。ドメインとは「○○.com」「○○.jp」といったホームページのURLのことで、インターネット上の“住所”にあたります。

Tobiでは「design-driven.com」の部分がドメインに当たります。

無料ドメインもありますが、大抵は余計な文字が入ってしまいます。有料なら、ホームページの名前が入った、オリジナルのドメイン名を取得して利用することができます。ドメインにもよりますが「.com」などは年額1,000円〜2,000円くらいで取得することができます。年額ですよ!かなり安価に独自ドメインを持つことができるんです。

初心者の方には契約したレンタルサーバーでドメインを取得するのがおすすめです。

お名前.com」「ムームードメイン」など、ドメイン取得サービスを使うこともよくあります。が、いくつか設定が必要になるので若干手間取ります。はじめの一回は契約したサーバーで取得することをオススメします。慣れてきてから「お名前.com」「ムームードメイン」などでドメインを取得しましょう。

ドメインはいったん設定すると変更に手間がかかってしまうので、よくよく考えて取得するようにしましょう。

WordPress

次に行うのが、WordPressのインストールです。さくらサーバーやエックスサーバーなどでは「WordPress簡単インストール」という機能があります。クリックするだけで、簡単にWordPressをインストールすることができます。手動だとFTPでサーバーにWordPressをアップして…と時間がかかります。簡単インストールを積極的にりようしましょう!

テーマ

どんなサイトにしたいのか、何を目的にするのか

テーマとは、ホームページの”デザインと機能のテンプレート”のことです。WordPressにインストールして使うもので、ホームページの使い勝手を決定づけます。

WordPressのテーマは、非常に多くのものが世界中で公開されていて、なにを選んでいいのか戸惑うでしょう。テーマ選びのポイントは、デザインよりも機能で選ぶことです。たとえば、美容室向けのキレイなテーマをオンラインショップで使うと、デザインはいいけどわかりにくくて使い勝手の悪いホームページになってしまいます。

ブログなら関連記事やランキングなどホームページ内を周回するような機能、アフィリエイトサイトなら広告を入れやすくする機能など…どんなホームページにしたいのか、何を目的にするのかによってテーマを選びましょう。

テーマは、無料のものと有料のものがあります。

WordPressからダウンロードするか、テーマを販売しているホームページからダウンロードしてインストールします。

無料テーマでも十分なのですが、体裁を整え機能を充実させるのに時間がかかります。

有料テーマの方が、ホームページ公開までの手間と時間が短縮できます。初期投資を簡単に回収する方法もありますので(別記事でご案内します)WordPressに慣れない初心者の方ほど、有料テーマを使った方がいいです。

僕はWordPressコミュニティに少々関わっていますので、「100%GPL」を推奨しています。(「100%GPL」については別記事で)

100%GPLライセンスを採用している有料・無料テーマをご紹介します。

有料テーマのおススス

  • NISHIKI Pro
  • LIQUID PRESS
  • Snow Monkey
  • SWELL

無料テーマのおススメ

  • Lightning
  • Cocoon

オススメテーマは「SWELL」です。

プラグイン

プラグインは、テーマで不足している機能を追加するものです。

たとえば「コンタクトフォームをつけたい」「スライダーをいれたい」などなど。

大抵はWordPressから検索して、ダウンロードすることができます

テーマ同様、プラグインも無数に存在していて初心者泣かせです。でも、必要なプラグインは限られています。

必須級のプラグインについての記事も書いていますので、読んでみてください。

コンテンツ

コンテンツは、ホームページに載せたい文章や画像などの内容です。

こればっかりは自分で用意しましょう。

フリーランスデザイナー向けの掲載内容については、下記の記事でまとめています。

WordPressでホームページを作るのに必要なもの まとめ

必要なものは

  • サーバー
  • ドメイン
  • WordPress
  • テーマ
  • プラグイン
  • コンテンツ

はじめてWordPressに触れた方にとっては、大変な作業に感じてしまうかもしれません。ですが、一度WordPressでホームページを作ってしまえば、慣れてあっという間にできるようになります。できるだけ時間をかけずにホームページを作ることを目指し、浮いた時間はコンテンツの拡充に当てていきましょう。

しだいに色々なカスタマイズをしたり、0から自分でテーマを作れるようになれます。

頑張ってみてください。では、また!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる